6. 移動平均線とサポートライン

その銘柄が上昇トレンドかどうかどうかの判断として、一番簡単なのは「移動平均線」をチェックすることです。

移動平均線は、ある期間の過去の平均株価を示しているので、移動平均線が上向いている状態で、
その上にローソク足があればその銘柄は上昇トレンド傾向にあると判断できます。

また、ロウソク足の安値を結んだ「サポートライン(トレンドライン)」を引くことにより、 そのラインを割り込まない限りは、上昇トレンドが継続しているサインとなります。
逆にラインを割ったら、下降トレンドに転換したと判断して、損切り(ロスカット)することもできます。

戻る   |   次へ

ページトップ ▲

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
参考になったら
ポチッとお願いします。

買い時のおすすめ銘柄の中から、さらに注目すべき銘柄を毎日2回つぶやいています。ぜひフォローお願いします。↓↓↓

モバイル用QRコード

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
参考になったら
ポチッとお願いします。

◼07/21の買い時銘柄分析 | 株式投資情報

東証上場銘柄から、07/21の買い時銘柄【3864】三菱製紙(株)について説明します。 3ヶ月チャートを見るとアウトラインとサポートラインの間(レンジ内)で株価が上下している上昇トレンドになっています。
さらにちょうど”押し目”タイミングであり、”スローストキャスティクス連動”なので買い時銘柄となっています.....[続き]

サルでもわかるFX