2. 損切り(ロスカット)設定の厳守

株を買ったら、必ず損切り(ロスカット)の設定をしましょう。
といってもどのように設定するか悩ましいところです。

そこで、ここでは以下の2つ方法をご紹介いたします。
ご自身の性格や投資方法に合わせて実施してください。

損切り設定の方法1

1回の投資での損失は「全軍資金の5%以下」に押さえましょう。
そうすれば、次回以降の投資で回復可能と言われています。

その為には塩漬けにせず「損切り(ロスカット)」を厳守しましょう。

とは言っても損切りが大切であることは理解できるが、「そのうち上がるだろう」とか「絶対損したくない」など、無意識に思ってしまうのが人間です。
なので、ここは「逆指値注文」を使って、システム的に損切りできるようにしてしまいましょう。

逆指値とは「指定した価格より高くなったら買う、安くなったら売る」注文のことです。
多くの証券会社のサイトではこの設定が可能になっていますので、株を買ったらまず「◯◯円より安くなったら売る(損切りする)
の設定をしておき、資産を守る準備をしましょう!

損切り設定の方法2

株を買ったら、その日も含め過去3日間の最安値逆指値注文をし、損切り設定をしましょう。
また、毎日の取引が終ったら過去3日間の最安値も変わるので、毎日損切りの再設定をすることも忘れないでください。
株価が上がっていけば、そのうち損切り設定値が買い値を上回ることになります。
そうすれば例え逆指値注文により売りになったとしても、プラスの利益で取引を終える事ができます。
具体的なチャート例で説明すると、以下のようになります。

ロスカットのルール

また、空売りの場合には上記とは逆に、過去3日間の最高値をロスカットラインにしておくと良いでしょう。

戻る   |   次へ

ページトップ ▲

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
参考になったら
ポチッとお願いします。

買い時のおすすめ銘柄の中から、さらに注目すべき銘柄を毎日2回つぶやいています。ぜひフォローお願いします。↓↓↓

モバイル用QRコード

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
参考になったら
ポチッとお願いします。

◼05/29の買い時銘柄分析 | 株式投資情報

東証上場銘柄から、05/29の買い時銘柄【7906】ヨネックス(株)について説明します。 3ヶ月チャートを見るとアウトラインとサポートラインの間(レンジ内)で株価が上下している上昇トレンドになっています。
さらにちょうど”押し目”タイミングであり、”スローストキャスティクス連動”なので買い時銘柄となっていま.....[続き]

サルでもわかるFX